2016年4月2日土曜日

男性が別れを決断する理由

ご相談をお伺いしいて、過去の別れなどの理由を総合的にまとめますと、

1.他に好きな人が出来た
2.恋愛感情がわかなかった
3.将来性を感じない(幸せにできない、幸せになれない)

1.は置いといて、2.についてですが、男性は体の関係になってみないと恋愛感情が本当になるかどうかが分からない人も多いそうです。
体の関係になるまでがピークというのも一理あるのは、性的欲求なのか、恋愛感情なのかが分かりにくいところにあるようです。

問題は3.です。

喧嘩を繰り返すうちに、楽しい未来を思い描けない、相手を幸せにできないという気持ちから、男性は別れを決断するようです。
喧嘩をすると、売り言葉に買い言葉があって、流れや勢いで別れを切り出すこともあるでしょう。
でも、この場合は後にちゃんと仲直りができます。

しかし、自分の可能性や仕事や未来を応援してくれない女性とは、居心地が悪くなり、自信も失くすので、二人の将来性を感じなくなります。
そうすると、別れを考え始めるのです。

いつも文句ばかりとか、会って欲しい会ってくれないと責めるとか、そういう事が積み重なると自分は幸せに出来ないんだと、思ってしまうのです。

男性の願望には、女性を幸せにしたい、笑顔にしたいという願望があります。
その願望が達成できないと分かった瞬間が別れの決め手になってしまうようです。


喧嘩をしたら、一晩おいてすぐに謝る。
早めに仲直りすることが大事なのと共に、同じ事を繰り返さないように、ちゃんと対策を打つことも大事です。
互いに話し合ってどうすれば改善できるか、そういう話をざっくばらんに、楽しく話し合える関係になりたいですね。