2016年3月26日土曜日

彼と喧嘩をしたときの仲直り方法

喧嘩の理由は、いろいろあると思いますが、彼の根底に好きという気持ちと愛情があれば、仲直りの可能性は大いにあると思います。


まずは、喧嘩中、感情的な言葉を吐き出さないこと。
(もう、遅いって?
 そうですよね。
 この記事を読んでいるときには、喧嘩直後にあるかと思います。)


喧嘩した夜は、お互い冷静になるためにもメールをしたり電話をしたりせず、余計なことは考えず寝てしまうに限ります。
(といっても、考えてしまうでしょうが・・・)

翌日、冷静になった頃に「ごめんなさい」のメールを送ったほうがいいですね。
ポイントは、「ちゃんと会って謝りたい」ということを書くこと。
翌日には、怒りは収まっているでしょう。

そして、ご自身に否があれば、尚クールに文面を判断します。
感情論は書かず、理論的に端的に短いメールにすることがポイントです。
そして、謝罪、お礼など、大事な事は、ちゃんと会って話すという常識的なこと当てはめたりするのです。

どのくらい本気か、誠意があるかを試すようなことをします。
勇気をだして、本気で謝る!
これっきゃありません。

自分に否がなくとも、謝ったもん勝ちです。
「これからは、こうしていこうね」と、改善して仲良くしていきたいことを提案しましょう。


彼から返事が来なくても、落ち込まないで下さい。
男性は、返事に何日もかかるものなのです。

喧嘩した3日後、1週間後と間を置いて、めげずに連絡し続けてみましょう。
この辺りで、返事はたいていくると思います。

もし、こなかった場合は、今回の喧嘩が原因ではなく、もっと以前から溜まっていた何かがあると考えた方が良いかもしれません。
そして、さらに冷却期間が必要となります。