2016年3月13日日曜日

「尽くしすぎ」は恋愛が上手くいかない

恋愛が上手くいかない人の共通点があります。

それは、「尽くしすぎ」。

愛されたい、愛して欲しい、認めて欲しいの気持ちから、自分の心を満たそうと彼に尽くしすぎてしまうのです。
本当の本当の原因は、「自分自身の価値を見出せない」、「自信が持てない」ことにあるようです


彼から愛情を満たして欲しいために、「私から何かをしなきゃ!」と盲目的に尽くし女になってしまいがちです。
やっきになっているときは、実は自分を見失い、相手の気持ちも感じ取れない状態です。

彼の本当に望む尽くして欲しいこととは的外れになっています。
無駄な奉仕はしない」を心がけるだけで、彼から愛されるように変わっていくでしょう。

愛して欲しい」は「私の承認欲求を満たして欲しい」とは=イコールではありません。
相手に満たして欲しいがゆえに、一生懸命に何かをしてあげるという悪循環に早く気付いて欲しいのです。この違和感に気付くのが、恋愛関係を愛し愛いされの関係になる第一歩です。


愛されたい」という苦しみから、一日も早く解放されましょう。



★メールの数や彼と繋がっている時間、彼と一緒に過ごせる時間で愛情を推し量ってはいけません。

メールの数や時間と愛情は比例しないからです。
貴方との時間が増えて喜ぶどころか、友人と過ごす時間や自分のやりたいことに時間をさけず、逆に窮屈に感じたり負担に感じたりすることになります。
男性は、女性ほど器用ではないので、何かに集中したいとき、それしかできないようです。
何かに挑戦しているとき、試験や仕事などは特に邪魔されたくないものなのです。


★彼の言動を信じる。

これは出来そうで、なかなか出来ないような気がします。
周囲の友達の意見に左右されたり、映画やドラマでの関係性や結果が正しいと思ってしまったり、彼の気持ちや言動を疑ってしまいがち。
自分の中にある思い込みと彼のことと、どっちを信じるの?
一般論や周囲の考えや気持ちより、自分の気持ちが大切です。
自分はどう感じるか、何を信じるのか、冷静に考えてみましょう。