2015年10月24日土曜日

アラフォーこそ青春時代に

アラフォー・アラフィフの実際は、ホルモンが減少し始め老いに向かう体調変化が訪れます。
母親としての役割が終わった喪失感、退職後の仕事の喪失感など精神的にもガックリくることがやってきます。
また、余生や老後の不安からも精神的ダメージが起こります。

一生でスプーン1杯程度のホルモンにこんなにも振り回されいていることに、改めて驚きます。
そして、その働きは大きいものですよね。


肉体的には老いがあっても、やはり精神的には若々しくありたいですね。
第二の青春時代を迎えたつもりで、この年齢から新しい人間関係を作る努力や体を動かすことややりたいことを始めていきたいですね!

新しい習い事ややりたい事を今こそ始めてみませんか?
趣味を増やして、交友関係を広げ、楽しいと思える時間を増やしていきましょう!
フリーランスで仕事をされるもいいかもしれません。
ミュージカルやおっかけもいいかもしれません。
何かに熱中できたら、素敵なことです。
何かに情熱を注げられたら、青春です。


年齢を重ねれば重ねるほど行動範囲は狭まり、新しい出会いも少なくなっていきます。
そこをどうやって逆行していくか、家族や社会や地域と関わっていくのに、充実感を味わえる生活ができるか、などが問われるようになります。
楽しむ心とやる気があれば、少々の体調の変化には強くなれます。
更年期のうつなどは精神的なものも大きいので、心をどうやって満たすか、喜ばせるかを考えていきましょう。

そして、体を動かすことも忘れずに!
うつになる人の多くは、体を動かさないことも原因のひとつにあります。
心の疲れは、体の疲れで取るのが基本です。
日々、散歩などで体を動かす工夫をしていきたいものですね。