2015年6月27日土曜日

人間関係において、厄介な人

職場の人間関係のご相談を多くいただきます。
人間関係が上手くいかない厄介な登場人物が必ずいるんですが、共通してる点が「承認欲求が強い」ってことです。

「承認欲求」は誰にでもあるものですが、強すぎると周囲の人が手を焼くようになるんですよね。
承認欲求の強い人の特徴を書いてみます。


1、すごく淋しがり屋

自分をのけ者にされるのがすごく嫌。自分以外の人と仲良くすると嫉妬します。
また、自分以外と仲良くしている相手と引き裂くように仕向けます。


2、目立ちたい

仕事の成果を大げさにアピールします。
また、他の人の手柄を横取りすることもあります。認められたい願望が強いです。


3、ストレスを解消

職場以外で抑圧されているストレスを職場で解消している可能性もあります。
誰かをターゲットに苛めたり、辛く当たったりします。


4、自分の話ばかりする

人の話は聞かないのに、自分の話ばかりします。
同意して欲しい欲求が強いのです。


5、問題は他人のせいにする、または逃げる

承認欲求の強い人は防御反応も強く、何か問題が起こった時に、自分のせいではないと正当化するか、逃げる傾向にあるようです。



彼らは、認めて欲しい欲求が強いだけで、一見強そうでも、とても繊細でもろい部分ももっています。基本的には、仲間思いで優しいところもあるのです。
居場所を与え、認めてあげること褒めてあげることが、一番の特効薬です。