2015年5月7日木曜日

断捨離の本当の意味

今回のGW2日間は、片付けメインで断捨離しました。
思い切ってモノを捨てる事で厄落とししております。

実は、私は捨てられない性分でして、何を捨ててら良いか本当に迷います。
あまり使わないモノも、勿体無いとか捨てて後悔する事が怖くて捨てられません。捨ててしまったモノに限って後悔した経験が邪魔をするんです。

今回は、大きな断捨離で、モノを1/3にする事が目標です。
小学時代から大事にしてきたカセットテープやレコードも処分する事にしました。これだけで、凄い量なんです(笑)←物持ち良過ぎなんですよ

断捨離の本当の目的は、執着”を捨てる事
断捨離というのはヨガの行法の意味があり、断行・捨行・離行というように、単に片づけをするのではなく、不要な物への執着から自分を解放したり、物への感謝を見つめ直したりすることをいうのです。
人間関係の断捨離が必要な時もあります

けして、思い出を捨てる訳ではありません。思い出は心の中にしっかり生き続けているので、もう使えないモノは捨てるという考えに変えました。
今月は片付け月間として、毎日何かを捨てて処分しようと思います。
モノが減ると、掃除や片付けもしやすくなりますね。
気分もスッキリ!

皆さんも、断捨離で厄落とししませんか?