2015年5月5日火曜日

好きな人には好かれないのに、好みじゃない男性には好かれる

ご相談で、割とよく聞くことで「好きな人には好かれないのに、好みじゃない男性には好かれる」と、あります。
皆さん、このようなご経験ありますか?
 
 
好きな人には良く思われたい好かれたい心理が働いて、自分を飾ったり、逆に自分を隠したりしてしまい、本来の自分を出せないものです。
 
何とも思ってない人なら、気軽に声をかけて愚痴をこぼしあったり、言いたいことをいったりして、そのままの自分を出していますよね。
 
 
ここに差があるんです。
本来の私を過小評価しているため、好きな人の前では、ありのままの自分でいられなくなるのです。
意識しない相手なら、構えない自分でいられ、自分を出すことができます。
そんなありのままの方が、魅力が伝わるんです。
 
好みじゃない男性に好かれるということは、自分にもちゃんと魅力があるということ
そこを認めて少しずつでも自然体でいられるようにすることが大事なんですよね。
 
 
自分にはアピール力がないと思われる方でも、自然体でいることは、そんなに難しいことではないと思います。
 
まずは無理しない自分でいることから初めてみませんか?