2015年4月27日月曜日

依存体質は愛され下手

依存体質の方は、自分を愛する事が下手な方が多いですね。

相手から愛されたいと思うなら、まず相手を愛する事が必要です。相手を愛するには、自分を愛する事が前提にあります。

自分を愛せないと余裕がなくて、相手を愛する事が出来ません。

相手を愛せないと求めるばかりで、相手が疲れてしまい、結局は愛をもらえなくなってしまいます。
悪循環ですよね。


愛が欲しいなら、まず自分を愛するところから始めるのが一番です。

自分に過剰の期待、高い理想を抱く事はやめて、今のありのままの自分を受け入れ認める事が大切です。欠点も含めてね。欠点のない人いないのですから。そこも目をそらさず、見て欲しいところなのです。

以前にも話しましたが、自分から見た欠点は、周囲からみたらチャームポイントと見えている事もあるんです。怖がらず、自分の欠点も受け入れてみましょう。

そして、自分を褒めるクセ、つけていきましょうね♪





もう一つ、満たされない気持ちを相手に求めないこと。

幸せは、充分あるのに気づかない事が多いものです。自分にある小さな幸せを見つけたり、感じたりする事が、満たされ感を得られる第一歩。



美味しい御飯を食べられて幸せ。

この美味しい御飯を分かち合う家族がいて幸せ。

安心して寝られるお家があって幸せ。



考えてみると…幸せだらけなんですよね(笑)