2018年1月5日金曜日

2018年は、どんな年になるのか?

2018年は、数秘術で『イヤーナンバー2』の年。

2の基本的な意味は、調和。結合。人間関係。協力。女性原理。
しかし、年の意味としては一言でいうと『吉凶混合の年』です。


2017年は、新しい環境や新しい試みに挑戦する方が多かったのではないでしょうか?
あっという間に一年が過ぎたかもしれませんね。
「大風呂敷を広げすぎたな」とか思っている人は、少し整理して継続したいものだけを残すようにしましょう。

2018年は、「2」の数字からイメージするように、パートナーシップや協調性が大事な年。
人間関係においても2017年は広げていく社交性の年でしたが、2018年は、自分だけが得をするような動きは人間関係に不調和を起こしやすくなります。
人から信頼される「誠実さ」や「礼儀」や「義務」を守ることが重要です。

前々から女性の活躍について言われてきていますが、今年は女性の進出が目立つ年になるかもしれません。ただ女性であるというだけでモテはやされる時代は終わり、実力のある女性が正当に評価される時代になるのではないかと思います。
コツコツ積み上げ頑張ってきた女性には、それなりの評価があるかもしれませんね。

また、イヤーナンバー2は、ふたつの異なる価値観が対立する不安定な年とも言われ、世界情勢に当てはめると、北朝鮮など更に不安が広がる可能性があります。
イヤーナンバー2の年の前例を上げると、「第一次湾岸戦争」が起きたのがこの年でした。
経済的だと「バル崩壊」と「まだまだ好景気」とが入り混じった年で、来年は両極存在し微妙な年になるかもしれません。政治経済は、不安定な年になるかもしれません。

2018年は、自分の選択によって両極端な結果がでやすい年なので、十分に考えて答えを出すようにしたいですね。

2017年12月25日月曜日

岡田准一さんと宮崎あおいさんの入籍日を占ってみた(徹底検証)

●岡田准一さん
1980年11月18日生まれ(37歳)
婁宿(火)
運命数11、誕生数9
庚申 二
丁亥 二
乙未 二

●宮崎あおいさん
1985年11月30日生まれ(32歳)
柳宿(土)
運命数1、誕生数3
乙丑 六
丁亥 五
癸酉 九


入籍日は、周囲の関係者に相談し熟慮して決めたというだけあって、とても良い日を選ばれていると思います。(下記、参照)
以前に書いたかもしれませんが、お二人の相性は宿曜占星術でみても数秘術でみても大変良いのです。
宿曜だと「中距離の栄親」。年の差も程よくあり、理想的です。最高の組み合わせとも言われていますが、恋愛としては印象が薄いので進展に時間がかかることが多いです。
このお二人は、9年前の映画で共演したことがきっかけのようですが、宿曜は9年サイクルなので、とても良い時期に出会っています。
数秘術では、岡田さんが運命数11、宮崎さんが運命数1と、どちらも俳優向きで共通の「1」を持っているので、考え方や生き方も共感し合える関係だと思います。

婚姻に相応しい時期として、まず月齢は白月期であることが望ましいので、18日の新月を過ぎて白月期
宿曜では、岡田さんが「」の年、宮崎さんが「」の年となり、どちらも結婚しやすい年です。入籍した時は、岡田さんが「衰」の月、宮崎さんが「安」の月。岡田さんの方が少し運気は低迷していますが、宮崎さんが良い月で契約(結婚も含めて)ごとや引越しなどに良い時期です。また、日までみると、岡田さんが「」、宮崎さんが「」と最良の日ではないかと思います。

四柱推命でみても、お二人の十二支と入籍日の十二支を重ねますと、三合半解が3つ、支合1つ、3並びが2つ出来、大変素晴らしい形となります。欲を言えば、来年「戌年」の子宝に恵まれると、最強な感じになります。

また、この日の十二直は「」。婚姻にとても良い日です。28宿は「」で、こちらも婚姻にとても良い日となります。

本当に、おめでとうございます!

今年、私の鑑定(吉日選定=イレクション)でも、このような組み合わせのカップル5、6組の入籍日を選定させていただきました。いろんな事がありながら幸せをつかむ様子に立ち会わせて頂き、本当に嬉しい瞬間です。


●入籍した日
2002年12月23日
27宿=壁(土)
28宿=氐
十二直=成
甲申 三
壬子 七
丁酉 一


2017年11月19日日曜日

モテる!現代版「あげまん女性」とは?

一昔前に言われた男を立てて出世させる「あげまん女性」。家を守り、男性の1歩後ろを歩き、自分という存在を消して男を立てる…なんて、もう古いですよね。
今や、共働きが普通となり、パートナーシップは多様化しています。

さて、現代における「あげまん女性」とは、どのような女性なのでしょうか?
成功へと導く女性という点では変わっていないように思えますが、現代の「あげまん女性」とは、以下のような女性ではないでしょうか?

★第一に、能動的に愛する人
「~して欲しい」と要求ばかり、他人から与えられ、貰うばかりの女性は「さげまん女性」。
愛されたいと願う女性より、愛することが上手な女性が一人の男性を、布いては多くの人を幸せにするのではないでじょうか。
つまるところ、愛されるより愛する女性が愛されるのです。

★第二に、信じる力の強い人
逆境に弱く不安になりやすい現代人。そんな中でも自分以上に自分を信じてくれる女性は力となります。価値と自信を与えてくれる女性は、「あげまん女性」そのもの。

★第三に、縛らない人。カスタマイズできる人
枠の中に留める、型にハメるなどという行為は止めて、男性の個性を解放させる女性です。
「守るものがあると弱くなる」と言いますが、保守的になりすぎると思い切ったことができなくなります。共に成長し、個性を良い形へと磨いていける関係を形成できる人が「あげまん女性」ですね。

桜乃が過去に読んだ書籍で『彼をお金持ちにする方法』Dr.タツコ・マーティン著書 がオススメです!



2017年10月29日日曜日

密かな人気です★桜乃の姓名判断と命名

知らない人が殆どだと思いますが、姓名判断と命名を鑑定しております。
桜乃は何気に、沢山の占術をもっているのです。タロットだけではないんですよ~(笑)


姓名判断では、旧姓と婚姻してからの名前と両方をみます。
画数(旧画)からの鑑定と、命占いである九星気学、数秘術、宿曜占星術、四柱推命からの五行バランスなども加味しながらみていきます。
複合的にみるので、より気質や思考癖などの特徴が浮き彫りになります。
丁寧にみるときりがないのですが、どんなことに困難が起きやすいか、周囲の人はどんな印象を受けるか、恋愛の傾向、健康で損ないやすいものはなにか、特にコミュニケーションの部分での傾向がみえてきます。
旧姓と婚姻後の名前でどちらを使っていけばよいか?など、お客様の知りたいことや相談内容に合わせて診ていきます。


命名の方も、ご本人の生年月日より弱点をカバーしたり、本名での弱い部分をサポートして名づけます。
更に、どのような職業につくのか、目指すとこはどのような自分かをお伺いして、その方に相応しい名前を10~30候補位はお出しし、お客様に決めていただくスタイルを取っております。
その方にとっては、一世一代の大事なお名前なので、簡単に決めず最低1週間はお時間をいただき吟味して、私自身も納得のいくものを提出させていただいております。
生みの親ではありませんが、名づけの親として恥ずかしくないものを作りたいと思っています。

普通のサラリーマンやOLの方も気になると思いますが、やはりフリーランスで仕事をする方、落語家、お笑い、俳優、アイドル、ミュージカル、ミュージシャン、小説家、キャバクラ嬢など特に芸能関係の方が多くご相談にいらっしゃいます。
また、会社名やお店の名前も多々ご相談に対応させていただいております。

あまりご相談はすくないですが、ネットのドメインのご相談やペットの名前、サイト名など名前に関するご相談は可能です。
気になることがありましたら、小さなことでも是非ご相談ください!


バランガン鑑定メニュー
http://ikebukuro.balangan.jp/list/sakurano.php

2017年10月25日水曜日

【手相】金星環は本当にエロ線なのか?

TVに出ていらっしゃる島田秀平さんが「エロ線」と命名し、有名になった手相の「金星環」。

本来は、感受性の豊かさを表しており、芸術性が高く才能豊かな人にでる線です。
どこか感覚的な部分があります。
必ずある線ではありません。
また、愛情豊かで一人一人と深いお付き合いをするため、異性とも深い関係性を追及するところがあります。これがエロ線の由来でしょうね。
本当にエロいってこととは違うような気がします。

また、金星環の形状によっても多少意味合いが変わってきます。

●1本くっきり
愛情豊かで他人からの愛情に応えようとする気遣い屋さん。異性関係は結果的に多くなる人が多いです。

●2本くっきり
とってもクリエイティブな想像力に恵まれた人。割合的にはとても少ないタイプ。相手に沢山の愛情を求めるタイプなので苦しい恋愛をしがち。自由発想型なので同性愛者も多い。

●とぎれとぎれ
感受性がとても鋭く敏感。人の気持ちに同調する時と現実的でクールなときと二面性あり。
人の言葉をストレートに受け止めすぎてしまう。理想と現実で悩み精神的な浮き沈みが激しいことも。恋愛やSEXに溺れやすい。

●島あり線
やはり芸術家タイプ。基本は愛情豊かで異性関係には事欠かないけど、異性トラブルが多い人。何故か恋愛下手でコミュニケーション下手なのでトラブルが起こりやすい。


2017年10月20日金曜日

<人間関係>承認欲求の強い人との関わり方

承認欲求の強い人の特徴は、愛情に飢えているさびしがり屋さんです。

承認欲求の強い方は、内心は自分を平凡で面白味のない人間だと思っているので、何かで目立とうとしたり、人の手柄を取ったり、他人が憧れるようなものを必死にアピールしたりします。
自分を正当化し他人を悪く言うこともあります。それは、劣等感や、平凡であるという無力感を紛らわせるためのものです。

職場や身近にこのように承認欲求の強い方がいると付き合い方に悩みますよね。
対処法としては、以下のようなものがあげられます。


●その人のいいところ、頑張ったことを褒める
幼少期に、本人的には頑張ったことも認められなかった、否定された経験を持ちます。そのため、人に認められたいという気持ちを過剰に強く持つのです。
出来て当たり前ということでも、感謝の気持ちや褒める言葉を口に出してみてください。

●期待を寄せる、自信を持たせる
人に認めらない経験が、自分自身の過小評価に繋がっている場合があります。小さなことでも褒めて出来るという自信の蓄積が、過度の承認欲求から解放されることがあります。
また、期待されたり頼られたりする経験から、必要とされる人間だと認識し、改善のきっかけになります。

●深く関わらない
何においても一番ではないと気が済まなくなり、張り合う気持ちを持っているので、接触すると疲れてしまいます。共感を強要するところもあり、精神的にも疲労します。関わりを持たないように上手に避けることも大事です。

2017年10月18日水曜日

パワーストーン好きの方におすすめの作品『宝石の国』

「このマンガがすごい! 2014年」オトコ編第10位になっている講談社『月刊アフタヌーン』掲載の宝石の国は、この秋にアニメーション放送もしています。

遠い未来に地球上の生物は人間も含めて海へと帰り、インクルージョンに食われて無機質となり、宝石の体を持つ人型生物が生まれたという設定です。
キャラクターが全て宝石の名前がついています。

ダイヤモンド(金剛石)系、ベリル(緑柱石)系、水晶(石英)系の石のキャラクターが多い。考えてみれば、同じ属で種類が多い方が、キャラクターの人間関係を作りやすいだろうしね。

アレキサンドライト、スフェーン、パパラチアサファイアなどレアストーンも多数登場し、石好きの人にはたまらない感じです。
また、属性や硬度など特性が宝石そのものになっています。
漫画やアニメの方が、知識がすんなり頭に入ってくるかもしれませんね。

私的にはアウィンナイトという希少石にハマりそうです。
私もこの作品のストーリーを知りませんが、楽しんで観てみたいと思います。